スポンサーサイト

Posted by musako on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by musako on 26.2010 0 trackback

日本株相場は、小幅ながら4日ぶりに反発。1月の鉱工業生産で輸送機械の回復を確認し、トヨタ自動車やブリヂストンなど自動車関連株が買い戻された。ただ、世界の金融政策の動向、南欧諸国の財政問題など海外情勢の不透明感は依然残っており、売買は盛り上がらなかった。

  日経平均株価の終値は前日比24円7銭(0.2%)高の1万126円3銭。TOPIXは同2.69ポイント(0.3%)高の894.10。東証1部の値上がり銘柄数は880、値下がりは624。

  農林中金全共連アセットマネジメント運用部の中村一也次長は、「世界的に金融引き締めの動きが出ており、金利動向に敏感になっている。過去の利上げ局面と違い、超金融緩和の後であるため、マーケットがどう反応するのか、想像がつかない」と指摘。投資家らは、リスク回避の動きを強めているとの認識を示した。

  取引開始前に経済産業省から発表された1月の鉱工業生産指数は、前月比で11カ月連続の上昇、指数の上昇率は2.5%とブルームバーグ調査の予想中央値(同1%上昇)を上回った。アジア向けを中心とした輸出拡大や経済政策の効果などで、企業の生産活動は持ち直しが続いている。生産で上昇した業種は16業種中、13業種。普通乗用車や自動車部品生産の国内外向けの増加が上昇に寄与した。

人気ブログランキングへ

今日のクリックご協力お願い致します<(_ _)>

Category : 未分類

trackbackURL:http://kabugurashi.blog108.fc2.com/tb.php/837-191599f1

有望銘柄情報はコチラ!!

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ

人気ブログランキングへ

今日の運勢は?

  株 式 格 言

気分転換にどうぞ♪

FC2ブログジャンキー

検索フォーム

FC2カウンター

注目の商品

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。